ブログトップ

地震!

6月18日(月)
 自分自身に呆れます。
 今朝、センターに来られた方から「大丈夫でしたか?びっくりしました」「携帯からの通報と同時に揺れたから、事前通報にはならなかったですね」と何人かに言われ、何事かと?
 地震発生時、私はバイクで通勤途中、全く揺れは感じませんでした。
 さらに、今日に限って携帯を家に忘れました。

 全く知らなかった地震、時間を超える度に入ってくる被害情報に事の大きさを実感した日でした。
 幼い命がまた・・・。悲しい限りです。
 

[PR]
# by terumiayumu | 2018-06-18 22:05 | Comments(0)

すっきりしました

6月17日(日)
 「草が伸びましたね」
 センターご利用の方々の何気ない言葉が気になっていました。
 月1回の全館休館日の今日、職員3人とフラッと来られた方の協力と共に、剪定、草刈りです。
 朝の涼しさはどこへやら、陽ざしの強さに目まいを覚えながらも3時間余り、外回りはすっきりしました。

 でも、今、パソコンに向かいながらウトウト、疲れました。

[PR]
# by terumiayumu | 2018-06-17 14:12 | 日記 | Comments(0)

お天気上々

6月16日(土)
 今日は、円山町活性化の活動で、守山市内の自転車愛好家の方々を近江八幡市円山町でお迎えです。
 丁度ちまき祭りと重なり、ちまきづくりに挑戦、よし問屋の方からよしの話、手漕ぎ和船で水郷巡り、西の湖周e0126155_22255127.pnge0126155_22264805.png辺をサイクリング、よしのヒンメリつくりと一日堪能していただきました。
 参加者から、「船に揺られてゆったりとした時間がもて、別世界の様な気持ちだった」「心地よい風の中ヨシ原のサイクリングは格別でした」「今まで経験のないおもてなしを受けました」などなど、嬉しい言葉をいただきました。
 守山から12名、立命館大学生5名、お迎えした者として嬉しい日となりました。
e0126155_22262458.png


[PR]
# by terumiayumu | 2018-06-16 22:28 | Comments(0)

家族の姿

6月14日(木)

 昨日、知人が家族と一緒に、ネパール、ブータン、マレーシアに自転車での旅に出かけました。

 坂本達さん、4年半をかけて自転車での世界1周を果たし、結婚後は家族4人(達さん、奥さん、現在小2、年長組の男の子2人)での世界1周に臨んでいます。

 今回はステージ4です。

 ステージ8までの計画で、2022年で終了予定で、年1回夏休みをいっぱいまでの計画です。

 学校を休ませてまで行くのか。小さい子に過酷な冒険を強いるのか。

 そんな声もあると思います。でもこれまでの彼の用意周到、勤務先のミキハウスの応援、世界6大陸大冒険の協賛企業(これは彼が何度も足を運び、熱い思いを訴え賛同してくれた企業です)もあり、彼の行動を心から応援しています。

 彼からのメールに、

 このプロジェクトをする事で、家族が一緒に過ごせる時間がたくさんあると言うのが何より幸せなことだと実感しています。

 答えのない活動をしていますが、たくさんの経験が何よりのギフトです。

 準備を重ね、安全第一で行ってきます。

とありました。

 5歳の子のノートに書き綴った言葉に、悲しすぎる家族もいることを思うと、彼の言葉に家族の温かさを感じます。

 

 とは言え、私が彼に送ったメールは

 ひたすら不安を祈りに変えて帰国を待ち望んでいます。




準備を重ね、安全第一で行ってきます。


[PR]
# by terumiayumu | 2018-06-14 22:17 | Comments(0)

悲しすぎます

6月6日(水)
 「ゆるしてください」
 5歳の女の子のメモが放映される度、息苦しくなります。
 かわいい、屈託のない笑顔、その子を愛おしく思えない大人がいることに憤りを覚えます。

 以前、様々な事情で預けられた子、その子に接するたびに明るく元気でいる姿に、私も何のこだわりもなくおしゃべりをしていました。
 その子が虐待を受けているとのうわさを耳にしましたが、その時は「まさか」の思いでしたし、私自身が感じる事がありませんでした。
 でもその後度々耳にし、何人かが相談しましたが、評判の良い方だったようでなかなか信じていただけませんでした。
 少し時間を要しましたが、今はその子とおしゃべりすることはなくなりました。
 元気でいてくれることを願うばかりです。

 「何かおかしいと思ったら相談を」
 この意味を理解していたつもりでしたが、自分自身に確信が持てないとなかなか言えませんでした。

 親がいながら、そばに大人がいながら、笑顔の裏の脅え、そして大切な命が失われる、これほど辛いものはありません。
 私自身の戒めです。


[PR]
# by terumiayumu | 2018-06-06 20:19 | 日記 | Comments(0)